乾癬

Q.どんな病気ですか?
A.銀白色の鱗屑(りんせつ:皮膚の粉)を伴い、境界の明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出現する疾患です。有病率は日本人の0.10.2%と言われ、男:女=2:1で男性に多い疾患です。尋常性乾癬、乾癬性紅皮症、滴状乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬と複数の病型に分けられますが、患者さんのほぼ90%が尋常性乾癬に分類されます。
Q.できやすい部位、年齢は?
A.大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を形成することもあります。好発部位は、慢性かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などです。青壮年期に発症することが多いですが、幅広い年齢層にみられます。比較的欧米に多くみられる疾患ですが、近年日本での頻度も上昇してきています。
Q:症状の特徴は?
A.痒みは約半数の患者さんに見られます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります(関節症性乾癬)。稀ながら、発疹が全身に及ぶこともあります(乾癬性紅皮症)。その他、喉が痛んだ後(扁桃炎)に雨滴状の小さな乾癬皮疹ができる滴状乾癬、全身に小さな膿疱が多発する汎発性膿疱性乾癬があります。
Q:乾癬は治らないの?
A.現時点では一度発症すると完治は難しいと考えられています。しかし、治療によって皮疹の全くない寛解状態を目指すことは可能です。もちろん再発することもありますので、いずれにしても長くお付き合いしてコントロールする疾患です。
Q.治療は?
A.ステロイド薬や活性型ビタミンD3軟膏などの外用療法を基本として、紫外線療法、免疫抑制剤などの内服療法、注射による生物学的製剤を用いた治療などがあります。これらの治療を組み合わせて寛解状態を目指します。当院は、紫外線照射器を備えており、内服、外用療法と組み合わたコンビネーション治療が可能ですので、お困りの方は是非ご相談下さい。