水イボ(伝染性軟属腫)

〇水いぼとはどんな病気ですか?

水いぼは正式には伝染性軟属腫ウイルスの感染症です。主に学童期以前の小児に見られます。やや光沢のある常色(肌色)~白みがかったの円形の丘疹で通常2-5mm程度です。治療しない場合でも半年から3年で自然に治ることもあり場合によっては経過観察します。ただ小児の場合は大抵いじって範囲を拡大させてしまうため、数が少ない場合は摘出するのが基本です。摘出する場合は痛みを伴うため、痛み止めのテープを貼ってから行います。

〇水いぼはうつるのでしょうか?

皮膚の接触による感染で、主にプールで感染が広がりやすいです。皮膚の接触に限らず、ビート板を介してうつることもあります。大人では性行為感染症としてうつることもあります。また大人はHIV患者では悪化しやすいです。

〇水いぼがあるとプールに入れないのでしょうか?

水いぼは接触感染であり、水着で覆われている部位の水いぼではうつることがまれであり、プールを休む必要はありません。平成25年に、日本臨床皮膚科医会と、日本小児皮膚科学会から「皮膚の学校感染症とプールに関する統一見解」が発表されており、そこでは「プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さい。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。」と述べられています。しかし、実際には、それぞれの学校や水泳教室の現場で対応がまちまちで、水いぼがあるとプールには入らないよう指導している施設も少なくありません。

〇どのように治療しますか?

水いぼを摘出するか、保存的に様子を見て自然治癒を待つかは、医師の間でも見解が分かれており、結論は出ていませんが、①他人にうつす恐れがある②放置している間に、本人自身の皮膚で増数する③かきこわして、湿疹や伝染性膿痂疹(とびひ)を悪化しやすい。アトピー性皮膚炎の悪化につながる可能性がある④プールに入れてもらえない。増数や悪化によって、見た目が醜くなるなど、患児のQOLに影響する、などの理由から、やはり数が少ないうちに摘出するのが望ましいと思われます。

治療は、ピンセット(トラコーマ攝子)による水いぼ除去が基本治療です。取り方にはコツがあります。水いぼをひっぱり、皮膚がテントを作ると強い痛みがでるため、水いぼのみを潰すように皮膚にテンションをはりつつとります。もともと小児の場合はアトピー性皮膚炎、湿疹体質がベースにあることが多く、そちらの治療もしっかり行うと肌のバリア機能が改善し、治りが早いです。また自然消退時にモルスカム反応といい、かゆみを伴うことも多く、多くの場合その時点でかきむしり、悪化してしまうこともあり、摘除以外でもスキンケア等の治療もしっかりと行うべきです。ただしモルスカム反応を起こして、消退が予想される水いぼは、スキンケアやかかないように生活指導するのみで摘出しないこともあります。
小児科の先生に多いですが、摘除による痛み、まれに炎症後色素沈着を残すことがあるという観点から、治療しないでそのままにする場合もあります。かわいそうという理由でただ放置するのみで、水いぼが拡大、悪化し、全身水いぼだらけになって皮膚科にいらっしゃる子も多く、やはり早期の治療、スキンケアは重要と思われます。
なお他の治療としては、グルタルアルデヒド塗布し乾固、SADBE塗布し、ウイルスを人工的に感作させ消退を早める、硝酸銀ペースト、モノクロル酢酸、ポドフィリンなどの外用、他のイボと同様に液体窒素で処理する方法もあります。

〇当院での水いぼ治療の流れ
 診察の上、水いぼの状態、個数や、社会的な状況(お子様の通う学校や水泳教室でどのような指導をされているか)、お子様の個性などを考慮しながら、保存的加療をするか、摘除するかを判断します。
 摘除する場合は、水いぼの数が少なく(数個以内)、お子様が我慢できるようであれば、その場で可能な限り摘出します。
 数が多い場合(数個~10個以上)は、無麻酔での摘出にお子様が耐えられない事が多い為、初診時に摘除の適応を検討し、処置日を予約して頂いた上で、次回予約日に来院して頂き、摘除、という流れになります(2018年6月現在、月、水、金曜日午後の空いている処置枠で予約を取っていただいております)。水いぼが全身に拡大し、数十個にもなる場合は、一度に摘除するとお子様の苦痛が大きいため、一度に摘除する個数は20個前後までをを目安とし、何度か通院していただいて取りきることを目指します。余りに数が多い場合(数十個~100個以上)は、全て摘除するまで数回の通院が必要となり、お子様の苦痛も非常に大きいことが予想されるため、摘除せずに経過を見る場合もあります。水いぼは、自然治癒を待って数か月~1年以上様子を見たものの、治らずに数十個以上に増えてから、さあ大変となって摘出しようとしても、お子様も苦痛が大きく、泣いて容易に取らせてくれないため、数人がかりで抑えて取らなければならなくなり、お互いに汗まみれで、大変な労力を要する作業になります。保護者の方におかれましては、お子様の水いぼを見つけた場合は、注意深く様子を観察していただき、増えずに自然と消えていくようであれば、そのまま様子を見て頂いても大丈夫ですが、少しでも増えてくる様子が見受けられる場合は、なるべく数が少ないうちに受診して、摘除を検討する方が望ましいと思われます。