カテゴリー: 傷病解説

駐車場を増設しました。

みなさまのおかげで当院の患者さまの人数も大分多くなってまいりました。そこで混雑時には駐車スペースが不足しご不便をおかけいたしておりました。このため、みなさまからもご要望の多かった駐車スペースの増設に対応させて頂きました。

その他のできもの

その他のできもの   当院では、局所麻酔で治療可能なものなら、手術も行っておりますのでお気軽に御相談ください。転移をきたす可能性のある悪性腫瘍の手術、良性腫瘍でも全身麻酔が必要な手術等に関しましては、関連病院、

皮膚がん

皮膚悪性腫瘍 社会が高齢化するにしたがって皮膚悪性腫瘍の発生が増加傾向にあり注意が必要です。 1987 年から2001 年までの100 施設における皮膚悪性腫瘍の集計で、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、いずれの腫瘍も

ほくろ

ホクロ(色素細胞性母斑)にはさまざまな種類があります。 当院ではホクロの治療では最新の炭酸ガスレーザー、ラジオ波メスまたは手術にて治療を行っております。保険診療、自費診療ともに行っておりますが、完全に美容目的は自費診療と

掌蹠膿疱症

症状)手掌、足底に白くぷつぷつとしたいわゆる『無菌性膿疱』が多発し 周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 爪周囲の病変では爪の変形や肥厚も生じます。 四肢にも乾癬様の皮疹がみられることもあります。 一番の問

風疹・麻疹・水痘

1.麻疹(はしか) 麻疹ウイルスの空気感染で、潜伏期間は10~12日間、感染期間は発症1~2日前から解熱後3日までです。咳、鼻汁、目やにとともに発熱がみられ、3~4日後に一度解熱しますが、すぐにまた発熱し顔面から発疹が出

多汗症

当院では保険適用となる ・ボトックス注射(わき) ・水道水イオントフォレーシス(手足)を行っております。 ここでは多汗症の症状や診断法、部位に応じた治療法の一般的な解説を載せました。 気になる方は是非ご一読ください。 ■

ニキビ

○ニキビ(尋常性ざ瘡)について ○発赤が顕著な場合 抗菌薬内服、外用が主体が主体の治療です。発赤というのは炎症細胞が集まっていることを示唆する所見です。 炎症細胞が集まるというのはばい菌によって炎症がおきている場合、また

粉瘤

○粉瘤について 粉瘤は、なんらかの原因により毛穴が袋状に拡張して、中に垢がたまってしまう皮膚のできものです。悪性ではありませんが、放置しておくと、徐々に大きくなり、細菌感染を起こすことがあるため、早めに治療してしまうのが

薬疹 中毒疹

薬疹 薬を摂取したことにより生ずる発疹のことです。発疹のでかたは様々で、露出部に強く症状が出現する日光過敏型、全身にぱらぱらと赤い皮疹が播種状に散在するタイプ、毎回同じ部位に症状がでる固定薬疹、通常の湿疹様の症状がでる湿

Top