粉瘤

粉瘤

炎症を起こした粉瘤

くり抜き法/術後

 

 

 

 

(クリックすると画像を拡大できます。)

○粉瘤について

粉瘤は、なんらかの原因により毛穴が袋状に拡張して、中に垢がたまってしまう皮膚のできものです。悪性ではありませんが、放置しておくと、徐々に大きくなり、細菌感染を起こすことがあるため、早めに治療してしまうのがおすすめです。

○症状

皮膚の中で毛穴が袋状に拡張し、中に垢(アカ)がたまっていきます。垢がたまっていくため、少しずつ大きくなり、しこりとして触れるようになります。圧迫すると、チーズのような臭いのする、黄色~白色の中身が出てきます。細菌感染を起こすと、赤み・腫れ・痛みを生じ、膿がたまって大きさも2~3倍となり、炎症性粉瘤と呼ばれます。

○原因

粉瘤ができる原因はさまざまです。外傷(ピアスの孔など)やヒトパピローマウイルス感染などが原因となることが知られていますが、原因がはっきりしない方も多く、体質も関係しているようです。

○検査

診察だけで診断がつくことがほとんどです。「へそ」と呼ばれる出入り口が、皮膚表面に開口しています。手術で摘出し、病理検査を行うことにより診断が確定します。

○治療

粉瘤は薬では治らないため、手術が必要です。これまでは、他の皮膚腫瘍と同様、紡錘形(木の葉型)に皮膚を切開して、袋を摘出する術式が一般的でしたが、近年、「くり抜き法」と呼ばれる、粉瘤の中心に小さな穴を開けて、そこから内容物をもみ出し、袋を摘出する術式を選択するクリニックも増えてきています。当院では、個々の症例に応じて、術式を選択させて頂いております。かなりサイズが大きい粉瘤や、部位的に手術するのが難しい所にあるもの等、当院で対応が難しい場合は、連携を取る、近隣の総合病院皮膚科、形成外科などをご紹介しております。

また、皮膚、皮下のしこりには、一見粉瘤のように見えても、別の種類のできもの(石灰化上皮腫、脂肪種、血管平滑筋種、稀には動脈瘤など)である事も、しばしばあります。粉瘤と並んで多い脂肪種の中には、時に筋層下に存在することもあり(前額部の脂肪種などに多いです)、その場合は、筋層を分け入って摘出する必要があるなど、クリニックで対応するのが難しい場合もあります。粉瘤の中央部にある「臍(へそ)」がはっきりせず、診断が確定しない場合は、事前にエコーやCTなどの画像検査を行って、予め深達度などを確認しておいたほうが無難です。当院では、診察の結果、画像検査が必要と判断した場合は、連携を取る柏市立柏病院(当院から車で10分程度)で、画像検査を行ってから、手術の可否を判断する場合がございます。その場合は、当院受診時に、受付で柏病院での画像検査の予約を取ることができ(平日は午後7時まで、土曜日は午後0時までに、柏病院へ画像検査依頼の連絡をする必要があります。予約の空き枠があれば、当日に検査することも可能ですが、無い場合は、後日の検査になります)、柏病院で画像検査を受けて、画像ファイルの入ったCD-ROMを受け取っていただき、後日、CD-ROMを持参して、当院を受診していただく、という流れになります。手術を安全に行うための検査となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

○通常の手術法

紡錘形(木の葉型)に皮膚を切開し、袋を外側から丸ごと摘出する方法です。以前に炎症を起こしたことがある粉瘤や、サイズが大きな粉瘤は、くり抜き法では取り残す可能性が高くなるため、通常の手術法を選択します。摘出後は、内側を溶ける糸で縫合した後に、外側をナイロンの糸で縫合します。術後7~14日ほどで抜糸ができます。

○くり抜き法(へそ抜き法)

局所麻酔後に、粉瘤の中心にトレパンで3~6mmほどの穴をあけます。穴から内容物をもみ出し、袋の壁を切除した後に、丁寧に皮膚を縫合します。部位や傷の大きさによっては、縫合しない方が綺麗に治るため、縫合しないこともあります。6mmの穴をあけた場合は、10日~2週間ほどで傷がふさがります。従来の術式に比べ、傷跡が目立ちにくく、手術時間も比較的早く終了するのが利点ですが、以前に炎症を起こしたことがあり癒着が強いと思われる粉瘤、サイズが大きな粉瘤などは、くり抜き法では取り残す可能性も大きいため、通常の術式で行います。

○切開排膿術

細菌感染を起こした炎症性粉瘤の場合、そのまま手術を行うと術後感染を起こしたり、傷が開いてしまう可能性が高いため、一般的にはまず局所麻酔後に切開を行い、中にたまった膿を出して、炎症が静まってから、袋を丸ごと摘出する手術を行います。当院では、炎症性粉瘤の患者さまにも、適応がある症例には、くり抜き法を行っています。切開排膿後に手術を行うのと比較し、くりぬき法では痛みや傷の治りが早く、傷あとも小さくて済むことが多いです。ただし、炎症を起こした粉瘤の場合は、小さい病変が周囲に飛んでいる事も多いため、再発する場合も多く、その場合は、炎症が鎮静化してから、再度袋を取り出す手術を行います。

Q&A

Q)手術は、受診した当日にしてもらえますか?
A)当院では、基本的には、まず一度受診して頂き、手術の適応を判断してから、後日の予約を取っていただく形を取っております。患者様の当日処置のご希望が強く、短時間(10分程度)で終了する処置で、予約の枠が空いている場合は、当日処置させて頂く場合もございます。(トップページの「当院の処置等の順番とご予約への考え方」もご覧ください)。痛みや腫れが強く、緊急で処置が必要と判断した場合は、受付終了時刻1時間半前までに受診して頂ければ、他の予約の方との兼ね合いもあり、お待たせする場合もございますが、可能な限り、当日処置をさせて頂きます。また、上に記載した通り、事前に画像検査を行った方が良いと判断した場合は、受付で柏市立柏病院での検査の予約を取っていただき、画像検査の結果を見てから、手術の可否を判断する場合がございます。

Q)手術は痛いですか?
A)局所麻酔を行うため、手術中の痛みはありません。局所麻酔を注入する際に少し痛みを伴いますが、当院では細い針を使用し、なるべく痛みが少なくなるような手術を心がけています。麻酔が切れると少し痛むことがあるため、鎮痛剤を処方いたします。

Q)手術の後は、どれくらい通院が必要ですか?
A)可能であれば翌日受診していただきます。傷の状態を確認させていただき、問題なければ、その後は抜糸まで自宅での処置で構いません。手術後、抜糸までは7~14日ほどです。

Q)手術後、お風呂に入れますか?
A)当日は出血のリスクがあるため、入浴は控えていただきます。翌日からはシャワー浴であれば構いません。湯船は雑菌がいるため、抜糸まではシャワー浴を継続していただきます。

Q)手術後、運動は出来ますか?
A)当日は出血のリスクがあるため、控えていただきます。その後も部位やサイズによってはある程度の安静が必要です。抜糸後であれば問題ありません。

Q)手術後、お酒は飲めますか?
A)当日は出血のリスクがあるため、控えていただくようお願いしております。翌日からは構いません。

Q)再発することがありますか?
A)炎症を繰り返している粉瘤の場合、粉瘤の病変が複数個所にできている場合があり、ごくわずかに取り残す事があります。その場合、数か月から数年で再発することがあります。その場合は、再手術を行います。

Q)手術の値段はいくらくらいですか?
A)保険適応で、部位とサイズによって値段が変わってきます。

保険が3割負担の患者さま
非露出部(半袖・半ズボンで隠れる位置)
径3cm未満       3,840円
径3~6cm未満 9,690円
径6cm以上         12,480円

露出部(半袖・半ズボンでも外にでる位置)
径2cm未満 4,980円
径2~4cm未満 11,010円
径4cm以上 13,080円

この料金以外に、局所麻酔代や軟膏代などで5~600円程度、病理検査代が3000円程度かかります。

保険が1割負担の患者さま
非露出部(半袖・半ズボンで隠れる位置)
径3cm未満 1,280円
径3~6cm未満 3,230円
径6cm以上 4,160円

露出部(半袖・半ズボンでも外にでる位置)
径2cm未満 1,660円
径2~4cm未満 3,670円
径4cm以上 4,360円

この料金以外に、局所麻酔代や軟膏代などで1~200円程度、病理検査代が1000円程度かかります。