自費診療(シミ、ニキビ、薄毛等)、アザの治療(異所性蒙古斑など)

本ページの項目以外にも当院では多くの自費診療に対応しているところではありますが、お問い合わせを多く頂きますので現時点で可能な限りまとめました。今後、本ページの内容を拡充してまいりますのでご容赦ください。また、自費診療は税込価格で、処方には診察が必要となります。下記に料金表も提示しております。ぜひ、お気軽に足をお運び下さい。

シミ、アザ治療

①シミ治療

当院では、しみで悩まれている方に対して、Qスイッチルビーレーザー、ケアシスSによる治療、ハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームの外用、トラネキサム酸や各種ビタミン剤の内服治療等を提供しております。いずれも、健康保険は適応されないため、自費診療となります。なお、しみが遅発性両側性太田母斑様色素斑である場合は、保険適応となります。

しみには、老人性色素斑、肝斑、後天性真皮メラノサイトーシス、雀卵斑、炎症後色素沈着など、色々な種類があり、複数のしみが混在している場合もございます。診察の際に、シミの種類を判断させて頂き、どの治療が最適かをご提案させて頂きます。

しみに効果のあるハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームなどは、お求めやすい価格で提供しております。例えば5% ハイドロキノン 5g 1045円、10% ハイドロキノン 5g  1,760円、0.05% トレチノイン 5g  1320円、0.1% トレチノイン5g 1980円などです。Qスイッチルビーレーザーによるしみ治療は、最低価格5500円(長径5mm未満)から、ケアシスSによる治療は5980円から承っております。下記に料金表も載せてありますので、ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

②アザ治療(異所性蒙古斑、扁平母斑など)

当院では、青あざ(異所性蒙古斑、後天性真皮メラノサイトーシス、太田母斑)、茶あざ(扁平母斑)、外傷性刺青(鉛筆の芯や転んで砂が入ったことなどによってできた入れ墨)は保険適応でレーザー治療が可能です。
Qスイッチルビーレーザー(JMEC社製)を用いて治療を行いますが、他の機種(QスイッチYAG、Qスイッチアレックス)と比較し、メリットとして保険適応の幅が広い点、黒色に対して最も高い選択性があり、メラニン色素を一瞬のうちに破壊、蒸発させて治療する医療器具です。

なお、青あざ、外傷性刺青はほぼ全例に効果がありますが、茶あざは効果がやや乏しく、試し打ちをして効果を確認してから照射するのが一般的です。また青あざに関しましては0歳児から治療を開始しております。

青あざ(保険適応でレーザー可能。ルビーレザーによく反応する。)

太田母斑

生後まもなく出現する早発型と,思春期前後に出現する遅発型があります。三叉神経第1・2枝領域に診られる褐色ないし青色 斑で,遅発型は雀卵斑に似ているが,鼻背部には存在しない色素斑です。皮膚のみでなく,眼・鼓膜・鼻粘膜・咽頭後壁・口 蓋などにも診られる.通常は片側性.両側性のものでは遺伝傾向がある.治療はQスイッチレーザーによるものが一般的で, まだ皮膚が薄く,紫外線による暴露の少ない乳幼児期から治療を始めたほうがより効果的です。

異所性蒙古斑

蒙古斑

異所性蒙古斑の症例

ルビーレーザー照射の施術

蒙古斑自身は黄色人種ではほぼ100%の乳児の仙骨・腰轡部にみ られる青色斑で,その大部分が10歳前後で自然消退する.皮膚の限局した範囲においてメラノサイトの存在する状態です。ただし、腎部以外に存在する場合があり,異所性蒙古斑といい,小豆大程度の結節状になるものを青色母斑といいます。異所性蒙古斑は残存することが多く,太田母斑同様,早期からのレーザー治療が効果的でです。

後天性真皮メラノサイトーシス

両頬部に思春期頃より発症する米粒大から小豆大までの暗紫色の散在する局面です。 保険適応でレーザー治療が可能となります。 まれに診断に苦慮することがあり、その場合は試し打ちをし効果の判定をみてからの治療となります。

茶アザ(保険適応でレーザー可能だが、効果に差があります。)

扁平母斑

出生時より存在する爪甲大~手掌大の不正形,淡褐 色扁平色素斑で,小児期に入り褐色小色素点をその面上に生じます。思春期前後の男性の肩甲部・前胸部に生じ,片側性で有毛性の場合はとくに,ベッカー母斑と呼ばれます。

カフェオレ斑

小児期より,体幹に多発する境界明瞭な類円形の淡褐色斑(扁平母斑と同様)で,色素斑内での色調の濃淡は認めません。レーザー治療に効果が乏しいことが多い色素斑です。小児期にカフェオレ斑が6個以上存在すること,思 春期以降は多発神経線維腫を認めることがあり、その場合はVon Recklinghausen病の診断となります。

レーザー治療のQ&A

Q 組織検査は必要ですか?
A あざ治療は、仕上がりをきれいにというのが基本です。できれば傷はつけたくありません。視診で診断が付くものについては基本的には行いませんが、希望する方はお申し出下さい。また、悪性を少しでも疑う場合はかならずダーモスコピー検査を施行し、レーザー照射前に生検を行います。なお診断に苦慮する場合も試験照射(自費3300円)をして、治療的診断(効果があるか判定)してから行います。
Q 麻酔はしますか?
A 基本的にはサイズが小さい場合は麻酔は不要で、冷却のみで行うことが多いです。輪ゴムでぱちぱちはじかれるような痛みとなります。ただし、痛みによわいかたや、範囲が広いかたは当院では麻酔テープ(ペンレス)を照射一時間前に貼ってきていただいております。
Q 広範囲の照射も可能ですか?
A 当院で使用しているレーザーは1秒間に1発照射で径5mmの照射となります。広範囲ですと外来レーザー枠の関係で難しく、基本1回で照射できる範囲はサイズが大きくとも9cm四方に入る範囲とさせていただいております。
Q 茶アザは効果がないといわれ他院で断られたのですが、治療は可能ですか?
A 茶アザ(扁平母斑)の場合は、薄くなる場合とかえって濃くなる場合、あまり変わらない場合など多様な結果となります。また、再発しやすいことでも知られています。扁平母斑の場合もためし打ちをして効果判定をしてから照射を行うほうが無難です。
Q レーザー後はどのような経過をたどりますか?
A しみの種類によっても異なりますが、術後は密封療法を励行しております。当院で術後テープを貼付します。1週間後レーザー治療後のチェック時までテープを貼り付けていただくか、ワセリン外用等で湿潤療法を維持していただきます。 レーザー後も日焼け止めの塗布だけは継続してください。
Q 副作用、合併症当のリスクはありますか?
A Qスイッチルビーレーザーは、皮膚のメラニン色素を破壊するレーザーです。
このとき黒い色に反応して熱を生じ、軽いやけど状態になります。
このやけど反応が肌にどのように影響するかで、経過は異なってきます。
ルビーレーザーは他のYAGレーザー、アレキサンドライトレーザーと比較し最も黒色に対して効果を発揮するメリットが強い反面、個人差はありますが、炎症後色素沈着が数か月続くかたもいます。ただしほぼ半年たてば炎症後色素沈着は消褪します。 なお、、顔の治療で肝斑が混在している場合や、アフターケアが不適切な場合、ほんのわずかなやけど反応でも色素沈着を生ずることがありますので、十分に気をつけなければいけません。やけど状態がゆき過ぎると色素沈着や色素脱失、瘢痕などの副作用が生じます。色素沈着のみの場合は、殆どの場合、元に戻りますが、色素脱失、瘢痕は元に戻りません。逆に弱い出力で照射すれば瘢痕は残りませんが、あまり弱く照射しすぎるとメラニン色素が全く破壊されず、シミは取れません。
このような副作用を起こさず、また効果がしっかりでるように皮膚科専門医が患者様の肌質にあわせて十分に気をつけて出力を調節し照射を行います。
Q どのくらいの頻度で照射をしますか?
A 色素沈着が生じなければ、照射間隔は保険適応疾患の患者様は3ヶ月間隔でレーザー照射を行っております。
Q 太田母斑、異所性蒙古斑は早いうちに治療をしたほうがよいですか?
A 太田母斑はもちろん、異所性蒙古斑は当院では早いうちに治療を開始しております。なお、異所性蒙古斑で淡い色のものはほぼ自然消褪するので、そのようなものは治療をしないでよいのですが、最初から暗紫色のものは残ることが多く、0歳児のうちに治療を開始することを当院は推奨しております。あざの治療は、通常、3~5回程度の照射が必要になる為、治療の開始年齢が高くなると、必然的に、治療が終了する年齢も後にずれていく事になります。お子様が小さいうちは、抑えながら照射するのも比較的容易ですが、3、4歳以上になって、力が強くなってくると、お子様が動いた場合に、抑えながら、あざの範囲のみに正確に照射するのは難しくなる場合もあります。また、あざが広範囲に及び、クリニックで照射するのが難しく、全身麻酔下での照射が必要となる場合もあります。そのような場合は、連携を取る大学病院(東京大学医学部附属病院など)をご紹介させて頂きます。

早期治療の利点

  • 治療回数が少ない
  • 治療期間が短い
  • 低いエネルギー密度での治療が可能で痛みや出血などの侵襲が少なく術後の処置も殆ど必要ない。
  • そのため、色素脱失や療痕形成などの副作用の可能性も低い。
  • 全身麻酔が不要
  • 暴れても容易に抑える事ができるため、治療がしやすい

サリチル酸マクロゴールピーリング
1回:7150円

ピーリングは余分な角質や皮脂を取り除き、皮膚の生まれ変わりを促す治療法です。ニキビに対する効果だけでなく、メラニンの産生を抑えることによる美白効果、コラーゲン産性を誘導し、シワ・たるみといった肌の張りの回復、にきび・にきび跡の治療(にきび肌やにきび跡もピーリングを繰り返すことによってかなり改善されます)、毛穴の開きの改善(毛穴の中の確実なピーリング作用が可能な事・真皮にコラーゲン産生が起こる事により、角栓(つまり)毛穴やたるみの毛穴の改善が効果的です)等、様々な効果が指摘されています。

当院では、日本皮膚科学会のガイドラインでもエビデンスを認められた、サリチル酸マクロゴールピーリングを行っています。月に1回の施術で、初回から効果を実感される方もいらっしゃいますが、3~5回程度施術していただくと多くの方が効果を実感されます。ピーリング後は一時的に皮膚のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなる傾向があります。スキンケアや紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

プラセンタ注射
1A注射:1100円

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤は、1個の受精卵からおよそ10ヶ月で60兆個まで細胞を増殖させ、胎児細胞が増殖する過程で、様々な細胞増殖因子やサイトカインを合成し分泌しています。その他、胎盤の中には、様々な有効成分、栄養成分、活性物質が含まれています。具体的には、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子、インターロイキンなど)

などが含まれていると言われています。医薬品としてのプラセンタ注射液には、メルスモン製薬(株)から出ている「メルスモン」(1956年10月販売開始)と(株)日本生物製剤から出ている「ラエンネック」(1974年7月販売開始)の2種類がありますが、当院では「ラエンネック」の注射を行っています。ラエンネックは、保険適応のある肝障害の症状に効果があるのはもちろんのこと、その他に、疲れ、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性、しもやけ、自律神経失調症、月経困難症、生理不順、アレルギー疾患(アトピー、喘息、リウマチなど)、膠原病、脳卒中後の神経麻痺、肝機能障害、胃十二指腸潰瘍、免疫強化作用(風邪をひきにくくなる)等の効果があると言われています。

帯状疱疹ワクチン(ビゲン、シングリックス)

『乾燥弱毒性水痘ワクチン(ビゲン)』は、1987年に水痘(水ぼうそう)ワクチンとして認可され、2016年に帯状疱疹にも適用が拡大されました。『シングリックス』は2020年1月に帯状疱疹専用の予防接種として認可されたものです。それぞれに長所、短所があり、下記の比較表を参考にご検討ください。ご希望される場合は、一度、受診をお願いします。

水痘ワクチンと帯状疱疹ワクチンの比較表
乾燥弱毒生水痘ワクチン(ビゲン) シングリックス
帯状疱疹発生抑制効果
51.3%
50歳以上 97.2%
70歳以上 89.8%
帯状疱疹後神経痛抑制効果
66.5%
50歳以上 100%
70歳以上 85.5%
接種方法/回数 皮下注射/1回 筋肉注射/2回
接種間隔 1回目の接種から2か月後に2回目の接種を行う。
※2か月を超えたら6か月後までに2回目の接種を行う。
適用年齢 50歳以上 50歳以上
費用 7,700円(税込) 4,4000円(税込)
※2回分の費用合計
1回分は22,200円
副反応 接種部位の痛み、腫脹、発赤
※3日~7日で消失
接種部位の痛み、腫脹、発赤、筋肉痛、倦怠感、頭痛
※3日~7日で消失
※水痘ワクチンより副反応が強く出る可能性あり
長所・短所 長所
・費用が安い
・接種回数が1回
短所
・予防効果が落ちる
・免疫低下している方には接種できない
長所
・予防効果が高い
・免疫低下している方にも接種できる
短所
・費用が高い
・接種回数が2回
・副反応が比較的強い
GLP-1内服(リベルサス)によるメディカルダイエット(月7700円~)

〇リベルサスは、2021年2月に販売開始となった、GLP-1受容体作動薬という糖尿病治療薬ですが、同時に食欲を抑えて、ダイエット効果を期待できる飲み薬です。リベルサスの成分はセマグルチドといい、食欲中枢にあるGLP-1受容体に作用して、食欲を抑える事により、ダイエット効果を発揮します。GLP-1ダイエットには、経口のリベルサス以外にも、注射薬のオゼンピック、サクセンダ、ビクトーザなどがありますが、これらの中で、リベルサス(内服薬)とオゼンピック(注射薬)の2つが、最も体重減少効果が高いことが、海外から報告されています(Ther Adv Endocrinol Metab. 2021)。

〇使い方

1日1回1錠、起床時にコップ1杯の水(約120ml)で内服し、その後30分間は、食事、飲水、他の薬を内服しないようにします。リベルサスには3mg錠、7mg錠、14mg錠の3種類があり、容量が上がるほど高い効果が期待できます。最初は、吐き気、下痢、便秘等の胃腸症状が出やすい為、3mg錠から内服を開始し、慣れてきたら、1~2ヶ月毎に、徐々に容量を上げていきます。

〇副作用

内服開始当初は、吐き気、下痢、便秘といった胃腸症状が出やすい為、低用量(3mg錠)から開始し、徐々に容量を上げていきます(徐々に増量する事により、副作用は軽減し、内服継続できることが多いです)。十分な効果を得るには、7mg錠までは容量を上げる事が望ましいですが、低用量で効果が十分な場合は、増量しない事もあります。稀に、膵炎や低血糖の副作用が出る事がある為、腹痛や背部痛等の症状が強い場合、ふるえ、発汗、倦怠感等の症状がある場合は、速やかに内服を中止して、一度、受診してください。

〇内服不可の方

妊娠中の方、妊娠希望の方、授乳中の方、膵炎・糖尿病のある方等

〇価格(いずれも税込。別途、診察料がかかります)

3mg錠 30日分 7700円

7mg錠 30日分 18700円

14mg錠 30日分 29700円

ビマトプロスト点眼液によるまつ毛貧毛症の治療(1本 (2.5ml) 3300円(税込))

〇ビマトプロスト点眼液は、元々は、緑内障や高眼圧症の治療の為の点眼薬として使用されていますが、その副作用で、まつ毛が伸びたり太くなるということが知られています。その副作用をうまく利用してまつ毛に適量を外用することで、まつげを長く、太くする目的で使用することができます。保険適応は無く、当院では1本(2.5ml:約1か月分)を3300円(税込)で販売しています。

〇ビマトプロスト点眼液の効果

ビマトプロストは、「まつげを長く濃くする成分」として、2008年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)で正式に認可されました。 翌2009年の1月に発売と同時に人気となり、日本でもまつ毛を伸ばせる美容医薬品として注目されるようになりました。16週間塗布した臨床研究では、約8割の方で効果(長さが伸びる、密度・色が濃くなる)が認められたと報告されています。

〇使い方

1日1回寝る前に上まつ毛の付け根だけに外用します。下まつ毛にも塗ると、黒ずみが生じることがあるので、上まつげのみに塗るようにして下さい。塗る時は、細い紅筆や歯間ブラシで外用します(綿棒では、薬が綿棒に染み込んでしまうので、早く使い切ってしまう可能性があります)。コンタクト・レンズを外してから外用する必要があります。約2か月で多くの方に効果が現れ、約4か月で効果は最大になると言われています(使用を中止すると、徐々に元の状態に戻ってしまいます)。

〇副作用

目のまわりの 黒ずみ、まつ毛やその周りの多毛が見られます。必要のない所に塗ると黒ずみが目立ってしまいますので、上まつ毛のみに外用することが重要です。眼の中に入ったときに、充血や痒み、目のゴロゴロや軽度の痛み 涙、眩しくなるなどの症状を起こすことがあります。症状が出たら使用を中止し、ひどい時には速やかに眼科への受診をしてください。

イベルメクチンクリーム、ロゼックスゲル、アゼライン酸(AZAクリア)によるしゅさ(赤ら顔)治療
○イベルメクチンクリームとは?
酒さ(赤ら顔)の原因の一つが、ニキビダニ(デモデックス、Demodex)の過剰増殖と言われていますが、そのニキビダニを減らして、酒さを治療するのがイベルメクチンクリームです。メトロニダゾールよりも効果が出るのが早く、早ければ2週間程度でもかなりの改善がみられます。イベルメクチンもメトロニダゾール同様ほとんど刺激感がありません。保険が適応されない為、自費診療となり、1本30gで3960円(税込)で販売しています。(当院では、イベルメクチンクリーム以外に、ロゼックスゲル(10g:1870円(税込)、アゼライン酸(AZAクリア:1本1980円(税込))による治療も行っており、それぞれ、有力な治療法です。)
○使い方
1日1~2回塗布します。使用後2~3週間で効果が見られる事が多いです。
○副作用
ほとんどないですが、稀に刺激感が出る事もあるので、刺激や赤みが強く出るときは、使用をいったん中止して、受診してください。
○使用できない方
妊娠中の方、授乳中の方
薄毛治療
当院では、男性型脱毛症の内服薬のフィナステリド、デュタステリド、ザガーロ、外用薬として、リアップの後発品である、ミノキシジル配合液5%(男性用)、1%(女性用)に加え、更にミノキシジル濃度の高い、下記の海外製品を取り扱っております。
Dualgen-15(ミノキシジル15%:男性用:1本 8800円(税込))
Dualgen-15 NO PGは、このミノキシジルを15%と高濃度で含有しています。また強力なDHT(脱毛作用をもつ男性ホルモンの一種)ブロッカーとして知られるアゼライン酸を5%配合した発毛剤です。ミノキシジルの吸収を高めるビタミンAの一種「レチノール」が配合され、毛包の縮小化を防ぐのに有効な「カフェイン」が配合されています。国内で認可されている他の外用薬よりミノキシジル濃度が高い為、効果の薄い前頭部、生え際にも有効性が認められます。
ロゲインフォーム(ミノキシジル5%:女性用。1本(60g)7920円。現在は、ヨーロッパで流通している、リゲインフォーム(成分は同等です)を取り扱っております)
ロゲインフォームは、このミノキシジルを5%と高濃度で含有しています。頭皮に直接塗布して使用します。泡状(フォーム)になっているため、液だれがなくしっかりと塗布できます。使用感はヘアムースに似ています。

飲むプラセンタ(ピュアプラセンタD.R:1箱(100錠)16500円(税込))
○飲むプラセンタ「ピュアプラセンタD.R.」とは
プラセンタには、ウマやブタといった動物由来のものと、ヒト由来のものがあります。飲むプラセンタ「ピュアプラセンタD.R.」は、日本国内の安全なヒト胎盤由来の100%プラセンタ乾燥末です。各種サイトカイン(細胞増殖因子)を豊富に含んでいます。また、バリン、アラニン、グリシン、プロリンなどの各種アミノ酸も多く含まれています。
○プラセンタの効果
美容・美白や保湿などの美肌効果、エイジングケア効果のほか、健康全般に関する様々な分野での効果が期待されています。期待される効果として、プラセンタが自然治癒力をアップさせることで、自律神経の調節、代謝機能の促進、疲労回復、細胞賦活、抗アレルギー、抗炎症、ホルモン分泌の調節、活性酸素の除去、血行促進、肝臓強化などがあると言われています。
○ご使用方法
1日あたり2〜3粒を目安に内服、必要と感じた際に3〜6粒まで増量可能です。数回に分けて内服しても問題ありません。
ヘリオケア(飲む日焼け止め:1箱(30Cp) 5500円(税込))
○へリオケアは、ヨーロッパや韓国で広く使用され、50カ国以上で販売されている“飲む”日焼け止めです。紫外線が強い季節では、塗る日焼け止めと併用すると、より高い紫外線防御効果が得られます。飲む日やけ止めを摂取することで、DNAの損傷を防ぎ、しわやしみを予防することができます。
○以下のような方にお勧めです
敏感肌で塗る日焼け止めだと合わない方、塗る日焼け止めのべたべた感が苦手な方、アウトドアスポーツが好きな方、汗かきで塗る日焼け止めが流れてしまう方、レーザー照射後の方等
○用法
1日1回の服用で4〜6時間ほど効果があります。日光を浴びる約30分前に1カプセル飲みます。
強い日差しを受ける場合は、もう1カプセル追加の内服がお勧めです。

アスタキサンチン配合ジェル(抗酸化作用、アンチエイジング効果:1本(15g) 5500円(税込))
アスタキサンチンは強力な抗酸化力を持つことで知られており、その強さはコエンザイムQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍と言われています。外用することで、しみ・しわの原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジング効果を発揮します。アスタキサンチン配合ジェルは、アスタキサンチンを高濃度に配合しています。
1日2回、洗顔後、しみ・しわなどが気になる部分に塗布してください(目のまわりの小じわにはとくに効果が高いと言われています)。室温で保管できますが、酸化を防ぐため高温多湿の場所、日のあたる場所は避けてください。

ニキビ治療
(スピロノラクトン(月3300円~)、イソトレチノイン(イソトロイン:月11000円~))
〇スピロノラクトンによるホルモン治療について
本来は高血圧の治療に用いられる利尿作用のある薬です。また、男性ホルモンを抑制する作用があることから、ニキビの治療に効果的といわれています。その効果は一般的に非常に高く、中止後にリバウンドが起きにくいと言われています。ニキビ治療に対しては保険適応がない為、自費診療となります(1錠110円(税込)。1カ月分(1日1錠内服の場合)30錠で3300円(税込))。
〇服用方法
1日1回内服します。通常は1日1錠か2錠(25~50mg/日)から始め、その後、3~4錠まで増やし(75~100mg/日)、その後は、効果のある最小の量まで減量する事が多いです。
〇副作用
下記の症状は減量又は中止によって通常減退ないしは消失しますが,まれに持続する例もございます。
内分泌系  女性型乳房,乳房腫脹,性欲減退,陰萎,月経不順,無月経,閉経後の出血,乳房腫瘤
皮膚症状 発疹,蕁麻疹 (稀に皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群))
精神神経系  眩暈,頭痛,四肢しびれ感,神経過敏,うつ状態,不安感,精神錯乱,運動失調,傾眠
器官障害 肝機能障害・腎機能障害(稀に急性腎不全)・消化器症状
その他 心悸亢進,発熱
〇特に注意すべき副作用
①電解質異常(高カリウム血症,低ナトリウム血症,代謝性アシドーシス等)
また電解質異常に伴い,不整脈,全身倦怠感,脱力等があらわれることがあります。
上記の症状が出現した場合は、直ちに服用を中止し医師に相談してください。
②生理不順、不正出血
スピロノラクトンの男性ホルモン抑制作用により、生理不順や不正出血が起きる事があります。その為、低用量ピルを併用し、正常な月経周期を誘導する事が勧められます。また、内服量が多い場合、稀に排卵を抑制する事ありますが(無月経)、正常な生理周期を誘導するため、エストロゲン・プロゲステロン製剤の注射が必要になる場合があります(低用量ピルの服用、エストロゲン・プロゲステロン製剤の注射については、当院では扱っていない為、婦人科の受診をご検討下さい)。
〇禁忌
高齢者、妊娠中・授乳中の方、小児
〇注意事項
利尿作用があるため、夜間休息が特に必要な方は夜間の排尿を避けるため,午前中に服用してください。
〇服用にあたり必要な検査
服用前と服用後、長期服用中に採血を行い、数値が悪化した場合は服用を中止する場合もございます。

イソトレチノイン(イソトロイン)による重症ニキビ治療について
〇イソトロインとは
にきびを保険診療で2ヶ月ほど治療しても改善がみられない場合には、イソトレチノイン(商品名はアキュテインやイソトロイン)での治療を検討する余地があります。イソトレチノインの治療により9割近くの患者様で改善が見られるとの報告があります。
にきびの中でも、ぼこぼことしたほほやあごのにきびは非常に難治です。保険診療の範囲の抗生剤の内服や塗り薬で多くのにきびには改善がみられますが、中には年単位で保険診療を受けても治らない方がいます。その場合はイソトレチノイン(英語名はisotretinoin)での治療を検討する余地があります。商品名としてはイソトロイン(Isotroin)、アキュテイン(Accutane)、ロアキュタン(Roaccutane)といった名前で知られていて、当院ではイソトロインを採用しています。アメリカを始め、海外ではにきびに保険適応のある治療効果の高い内服薬ですが、日本では保険では認可されていません。そのため、自費診療になります。当院では月11000円(30日分、税込)で販売しています。
イソトレチノインはにきびにおける角化の異常を改善し、皮脂の分泌を抑えることで治療効果を出します。抗生剤の飲み薬や塗り薬で治りきらない場合や、ぼこぼことした強い腫れを伴うにきびに対し効果的です。
〇服用方法
イソトレチノイン20mg錠を1日1回飲むことから始めます。通常は、4~5ヶ月間続け、いったん治療終了とします。内服後も効果が長期間持続することが多いです。再発がみられた場合には、再度4~5ヶ月の内服を行います。治りが悪い場合や、治りを早めたい希望がある場合には1日40mg(2錠)に増量することがあります。
〇副作用
肝機能異常や高脂血症がまれな副作用として挙げられるため、内服開始時と治療から一ヶ月後に採血を行います(自費での採血となります)。用量を増量した場合も、適宜採血を行います。また、内服中は顔、唇、手足の乾燥が進むことが多いですので、しっかり保湿しながら使うことが大切です。採血にて、上記副作用が認められた場合は、その時点で、内服の中止または減量を考慮します。
○禁忌
女性の場合はイソトレチノイン内服中と、内服後1ヶ月は妊娠することができません。以前は、内服終了後6ヶ月の避妊が必要とされていましたが、現在は1ヶ月とされています。

料金表(税込)

  • 初再診

初診料 2200円

再診料 550円(診察のみの方。同日に、施術を行った場合は、かかりません。)

  • Qスイッチルビーレーザー

しみの長径

5mm未満  5500円

5mm~1cm未満  11000円

1~1.5cm未満  16500円

1.5~2㎝未満  22000円

2㎝以上は、5mm毎に 5500円追加。

複数のシミを治療する場合は、それらの長径の合計の値段を適用させて頂きます。

例えば、9mmと5mmのシミを照射する場合は、9+5=14mmなので、16500円となります。

  • 炭酸ガスレーザー ・ ラジオ波メス

①ほくろ除去

~3mm   11000円

3~6mm  16500円

6~10mm 22000円

1cm以上のほくろは、5mm毎に、5500円追加させて頂きます。また、複数のほくろを治療する場合は、それらの大きさの合計の値段を適用させて頂きます。例えば、3mmのほくろを3つ治療する場合、3×3=9mmで、22000円となります。

②脂漏性角化症、顔いぼ除去

長径

5mmまで 5500円

以降、1mmあたり 1100円追加

  • プラセンタ注射

1A  1100円

2A  2200円

  • 巻き爪 治療

・巻き爪 ワイヤー法  片側 5500円  両側11000円

・巻き爪クリップ 片側 5500円  両側11000円

・巻き爪テープ 440円

  • にきび治療

・サリチル酸マクロゴールピーリング(顔) 7150円

・アゼライン酸 AZAクリア 1980円

・スピロノラクトン 1錠110円 (1日1錠内服の場合、30日分で3300円)

・イソトレチノイン(イソトロイン) 11000円(30錠、1か月分)

  • しみ 治療

・ケアシスS

レナトスTaプラス 初回5980円 通常7700円

ペップビュープラス 初回7980円 通常13200円

・アスタキサンチン配合ジェル 15g 5500円

・VC-PMGローション(VitC ローション) 50ml 6600円

・TA-5L(トラネキサム酸ローション) 5500円

・しみ内服セット 1か月分 4950円

(シナール3T3×・トランサミン(500mg)3T3×・ユベラ3T3× 30日分)

・5% ハイドロキノン 5g 1045円

・10% ハイドロキノン 5g 1760円

・0.05% トレチノイン 5g 1320円

・0.1% トレチノイン 5g 1980円

・ルミキシル 9ml   4400円

・ルミキシル 30ml  13200円

  • しゅさ 治療

・ロゼックスゲル 10g  1870円

  • AGA(男性型脱毛症) 治療

・ザガーロ0.5mg(30日分)  10800円(税込)

・フィナステリド 1㎎(28日分) 5500円(税込)

・デュタステリド 0.5㎎(30日分) 7150円(税込)

・ミノキシジル配合液5%(60ml)    5500円(税込)

  • FAGA(女性型脱毛症) 治療

・Ogshi (1か月分) 10780円 (税込)

・ミノキシジル配合液1%(60ml)  4400円(税込)

  • 円形脱毛症 治療

SADBE 1650円

  • 水いぼ 治療

水いぼクリーム 1本 2200円

  • 多汗症 治療

塩化アルミニウム液 100ml 1650円

D-tube  40g  1980円

  • 内服ダイエット(リベルサス)

3mg錠 30日分 7700円

7mg錠 30日分 18700円

14mg錠 30日分 29700円

  • まつ毛貧毛症

ビマトプロスト点眼液(2.5ml:約1か月分)   3300円

  • その他

・麻酔クリーム 2200円

・麻酔注射 550円

・麻酔テープ 110円